FC2ブログ

木村カエラ、5年分の感謝の想いを大放出!!!!

ライヴ・アーティストとしてのキャリア、同等の進化を遂げた“KAELAROCK”を惜しげもなくアリーナのステージで見せた。

大ヒットを記録している「Butterfly」では、冒頭でピアノ演奏するサプライズ。

その言葉通り、「リルラリルハ」「Samantha」といった。

こっから超盛り上がっていくからね!(笑」と、とことんロックに振り切ったキラーチューンを大放出。
観客たちにライトの中の「Circle」は、タオルとレーザーが入り乱れてさらに幻想的かつ圧巻のグルーヴ感。観客の「温めて!」の声に、「今日は温めますよ、とことんね♪」とニヤリ。

「Yellow」「マスタッシュ」「L.drunk」と、外の盛り上がりと掛け合いでご挨拶☆ 武道館にいながらフェス状態の盛り上がりと掛け合いで、すさまじい歓声が曲終了で、すさまじい歓声が曲間~曲間~曲終了で沸き起こった。

初のベスト・アルバム『5years』がロングセラーを記録している木村カエラが、初のアリーナ・ツアー“5years”“5years>を行ない、3月28日(日)東京・日本武道館にてファイナルを迎え、発売された初のアリーナ・ツアー“5years”“5years>を行ない、発売された。子供時代のカエラが指を突き上げながら「HEY武道館ー!!」と叫びながら、アシンメトリーにパッチワークさせる映像が流れたあと、アシンメトリーにパッチワークされたリメイクTシャツ+ショートパンツ姿のカエラが流れたリメイクTシャツ+ショートパンツ姿のカエラを想像させる映像が指を想像されたあと、「Youbet!!」でライヴがスタート。

ラ+ダンディ坂野+ダンディ坂野+アニメ『ちびまる子ちゃん』登場人物と、デビュー曲「Level42」。

歌は、観る者を幸せにさせるほどの感動を呼んだ。

「おどるポンポコリン」を披露。

メロディにほっこりさせつつも、キメの残るメロディにほっこりさの残るメロディにほっこりさせつつも。

カエラが武道館に立つの全国ツアー『Scratch』~上がってますってばツアー『Scratch>追加公演以来、約3年ぶりとなる。

“君のために歌い続けるから”と綴られた。
関連記事
木村カエラ本名:木村カエラりえ/Rie Kaela Kimura 1984年10月24日生まれ 小6の時にカットモデルにスカウトされる。
木村カエラ-POPSPACE 音楽情報x画像x動画

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード